drrss


カテゴリ:映画 演劇( 12 )



United Cinemas Toyosu 「いちばんきれいな水」初日舞台挨拶

2006年10月07日(土)10:30上映開始。
映画については、加藤ローサは精神年齢8歳の役がほぼ素でできる、という点がみどころかな。それっていいことなのかどうなのかという話はさておき。カヒミ・カリィさんの台詞廻しはこれが初出演とは思えないほど自然、ヴォーカリストの時よりも少し声帯を使った発声になっていて、さすがにきれいな声。やさしいおばさんの役がはまっていました。

12:55ごろから舞台挨拶。加藤ローサちゃんはクリーム色に草花の柄、裾を斜めにカットしたワンピース姿で登場。まずはUnited Cinemas Toyosuのオープン記念ということでテープカット。その後加藤ローサ、菅野莉央、カヒミ・カリィ、監督ウスイヒロシの順に挨拶とコメント。ローサちゃんは「現場は家族のような仲のよさだった」(*)というコメントを残してました。カヒミ・カリィさんは、女優としては初めての作品なので、「台詞をいうにしても一人ではなくやりとりがあるので、それは音楽をみんなとやるのと同じ、演技と音楽は違うところも同じところもあり、貴重な体験だった」といった話をしていました。今後も俳優業やるのかな。期待してます。

舞台から距離はあったけど、生で見るローサちゃんの笑顔は見ているこちらも笑顔にしてくれる、そういう不思議な力のあるものでした。
(*)…もしかするとこの表現は菅野莉央ちゃんの発言だったかもしれません。ただそれに近い内容は話していたと思います。
slow flow | 「いちばんきれいな水」初日舞台挨拶inユナイテッド・シネマ豊洲
生きのばし - 黄金WAVE
[ 『いちばんきれいな水』] by mm(ミリメートル)
メモ:いちばんきれいな水 - livedoor Blog(ブログ)
accumu-amorti | 何を今さら 『いちばんきれいな水』初日舞台挨拶 豊洲・川崎
Rubaiyat:いちばんきれいな水
[PR]
by k_nakae | 2006-10-07 17:03 | 映画 演劇


映画 シムソンズを見て

映画 シムソンズ
正確には覚えてないんですが、「楽しまなきゃ」という言葉が印象に残りました。みんなで力を合わせて、楽しんでやらなきゃ、何事もうまくは行かない。一度はバラバラになってしまうシムソンズが、再び集まって目標に向かう、ある面青春ものとしてはよくある展開であるものの、見終わると素直に感動している、そういう映画でした。トリノオリンピックでのカーリング女子日本代表の活躍と合わせて、前向きなパワーの重要性を教えられました。
上映館が限られますが、お近くでやっているようでしたら、お早めにぜひ御覧下さい。おすすめします。
有頂天ナガヤン
猪突猛進!
四方山
垂楊堂日乗
ゴン太の部屋
[PR]
by k_nakae | 2006-02-26 22:09 | 映画 演劇


スクラップ・ヘブン

スクラップ・ヘブン
渋谷シネアミューズで舞台挨拶の終わった次の回という間抜けな私。チケット買えなかったんですよ。平日の五時に買いにいけるわけないでしょう。
想像力、ということばが映画のテーマになっているが、言い換えるとconsequence 成り行き、物事の因果関係、といったところか。
あることをすると、それによって別のことが起こり、また他の人の行動が変わり、それが続いていって思いもよらなかった結末に至る。最初の行動が意図していたところと結果が合っていない、という皮肉。こんなはずじゃなかった、という言葉に集約される現実。それを「想像」する能力、それを想像力というなら、足りなかったのは登場人物のうち誰なのでしょうか。


最後に栗山千明ファンとして一言。
やりたいんでしょ?とサキに言われて、いいよ別に、とまで言われて、それでもやらなかったのかシンゴ!

関連エントリ
小次郎つばめ返し
語る!ジョー
title free
ハジメのぐだぐだ日記
青の結晶
ミッドナイト*カフェ
かえるぴょこぴょこCINEMATIC ODYSSEY
ナマケモノの穴
[PR]
by k_nakae | 2005-10-08 23:05 | 映画 演劇


The Hitchhiker's Guide to the Galaxy

I watched the movie "The Hitchhikers Guide to the Galaxy".
It is SF as a genre, one part regarding science , but as a whole, the work is full of the social satire in the context of SF.
Just a little, it is the news item being discovered, but





The reason why the earth is destroyed is "construction of the hyperspatial express route", but that has been "on display in your local planning department of the Alpha Centauri for 50 years". Naming "public announcement" in front of the government office, many documents which have too small letter posted. It is severe sarcasm to government officers way of work which " take something fully informed to the people by such way of informing" .
There is the "nutrition beverage automatic synthetic machine". Inspecting the body of the person who pushes the button, you say that it synthesizes the beverage which is really in need, but to tell the truth the machine always makes up the same ones, furthermore that is unpalatable. This is the satire to the mass consumption society which tries to make everyone buy the same ones, while doing the advertisement that "very this it is something what you need". Furthermore, the conclusion "what in need are never obtained", it is full of sarcasm.

There is a work, "Gulliver's Travels (Jonathan Swift)". Normally, it is regarded as a juvenile novels, you may read the story called "The dwarf's country" in the time of the childhood. But as for the original it is rather a nonsense fiction, full of satire to the society of that time. Unique sense of sarcasm, British people has. You could think "The hitchhiker's guide to the Galaxy" , as the work which succeeds after "Gulliver's Travels".
[PR]
by k_nakae | 2005-09-25 01:11 | 映画 演劇


銀河ヒッチハイクガイド

映画「銀河ヒッチハイクガイド」を見た。
ジャンルとしてはSFであり、科学に関する部分もあるのだが、全体としては社会諷刺をSFのコンテキストの中でやっている、という作品。
ちょっとネタばれですが、





地球が破壊される理由は「銀河バイパスの建設」ですが、そのことは「アルファ・ケンタウリの地方事務所に50年も前から掲示されていた」という。お役所の前に「公示」と称して小さな文字でかかれた書類がたくさん掲示されているのがあるが、ああいう形で大事なことを「知らせたつもりになっている」お役所仕事への痛烈な皮肉である。
「栄養飲料自動合成機」というものがある。ボタンを押した人物の体を検査して、最もその人にあった飲み物を合成してくれるというのだが、その実はいつも同じものを作成して、しかもそれがまずい、というオチ。これは「これこそあなたの必要とするものだ」という広告をしながら結局は全員に同じものを買わせようとする大量消費社会に対する諷刺であり、しかも「それでは望むものは絶対に得られない」という結論まで皮肉に満ちている。

「ガリバー旅行記」という作品がある(スウィフト)。普通は「小人の国」が出てくるおとぎ話として、子供の頃に読んだ、という人が多いと思うが、原作はかなり趣がちがい、荒唐無稽な設定の中でフィクションのふりをしながら、当時の社会に対する諷刺をする、という作品である。イギリス人の独特な皮肉、諷刺のセンス。「銀河ヒッチハイクガイド」はガリバー旅行記の後を継ぐ作品のように思えた。
ぐらのにっき
リラックマとピンクな日々
ココロノキンセンイ
かえるぴょこぴょこCINEMATIC ODYSSEY
桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」
[PR]
by k_nakae | 2005-09-19 17:13 | 映画 演劇


シネマ歌舞伎第一弾 野田版 鼠小僧

「シネマ歌舞伎第一弾 十八代目中村勘三郎襲名記念上演 野田版 鼠小僧」
歌舞伎を映画で見ると言うことについては、すでにテレビで見ることに抵抗のない今時の観客としては何も違和感はない。問題は演じる側の権利関係などかもしれない。
それほど演劇に詳しくはない私でも野田秀樹の演出のどういうものかはある程度知っているぐらい有名なわけで、役者が走る、ぶつかる、ずっこける、というハードな肉体表現が特徴だと聞いている。で、歌舞伎でも野田流は貫かれていて、女形だろうと関係なく派手に体ごとぶつかり、派手にずっこけていた。
そのハードな舞台を約2時間主役として勤め上げた中村勘九郎はもしかしてとんでもない俳優なのかもしれない、と思った。なにしろ野田秀樹自身が自分の体がついていかないため俳優をやめて演出に専念するようになったというほどのものなのに。勘九郎も若くはないはず(Wikipediaによれば1955年生まれ、ということは当年とって50歳!)。ん?気になって調べてみたらなんと野田秀樹も1955年生まれの同い年であった。舞台上で演じきる体力、一種独特のものだろうが、並外れたものがある。
[PR]
by k_nakae | 2005-01-16 00:02 | 映画 演劇


国立劇場12月歌舞伎公演 花雪戀手鑑 勧進帳

国立劇場
12月歌舞伎公演 花雪戀手鑑 勧進帳
花雪戀手鑑(ネタばれ注意)
強姦、誘拐、幼児虐待とインモラルな事件で話が進んでいくため、一時上演禁止の憂き目を見、今回は約40年ぶりの上演という。江戸文化について少しでも興味のある人なら、当時の日本がとくに性的な分野ではおおらかなことに気付いているはずで、この程度の描写では大してなんとも思わないのではないだろうか?逆に風紀紊乱とか騒ぎ立てるほうがけつの穴が小さいと言うか。
上方の二枚目は三枚目的な部分を持ち合わせた人物像、というのが解説にあり、その部分は市川染五郎さんうまく出せていたのではないか。
ストーリー面では、最後にいろいろなエピソードに決着をつけるところがすごく強引で、いくら何でもやり過ぎ、という感が拭えない。前半で展開したエピソードが多すぎるような気もする。そして強引ではあるものの、なぜだか不思議なカタルシスがある。

勧進帳
本物を見るのは初めてで、まだまだ私も勉強中です。
2階席でしたが飛び六法がなんとか見える位置でよかったです。
冨樫が「疑い晴れ申した」のあと、関所へ戻るとき、やっぱりいろんなことを考えて、それでも全てを振り切るが如く頭を上に振る場面、冨樫の見せ場だと思うのだが、頭の振るスピード・振り幅がいまいち鈍い、という感想でした。
[PR]
by k_nakae | 2004-12-19 22:40 | 映画 演劇


スターウォーズエピソード4 デジタルリマスター版

10/30 フジテレビジョン(地上波)で放映。しっかりDVDBoxのCMが入るところが笑えますが。
映画の世界での順序としてはスターウォーズが先で、ロードオブザリングは後なのですが、原作も入れればもちろん「指輪物語」が先になります。で、我が家はスターウォーズを見ながら「指輪物語」のネタをかますといういやらしい観客。
ルーク・スカイウォーカー:フロド(親戚または父親の影響で冒険の旅に巻き込まれる主人公。でも最初はそんなこと知らないし、乗り気でもない)
オビ・ワン・ケノービ:ガンダルフ(物語世界の不思議な力について説明してくれるおじいさん。冒険の先導役)
ダースベイダー:サルマン(物語世界の不思議な力を悪のために使う悪役。ガンダルフとは古い友人)
レイア姫:ぴったりの該当者はないが、ラストの戴冠式だけはガラドリエル(女王様。なにか贈り物をくれる)か?
ハン・ソロ:これもぴったりはこないが、アラゴルンか?(登場シーンが冒険のはじめに訪れる酒場/宿屋というところが近い)
C3PO, R2D2:メリー、ピピン(脇役ながらここぞと言うところで活躍)
デススターの中で、ゴミために逃げ込むと水の中からタコの化け物が出てきてルークに取り付く:モリアの洞窟の入り口で、水の中から「水の中の監視者」が出てきてフロドに取り付く

ね。すべて藝術作品は先人の遺産の上に成り立つわけで、全部オリジナリティーというのはあり得ない。シェークスピアの作品だって、あらすじとしては元ネタがあると言うのが定説じゃないですか。
[PR]
by k_nakae | 2004-10-31 12:22 | 映画 演劇


歌舞伎俳優 中村 芝のぶ

中村 芝のぶ後援会「若芝会」へようこそ
歌舞伎座九月大歌舞伎(昼の部)を観劇。密かな私のチェック対象は中村 芝のぶさんでした。声をきいて、本当に女性なのでは?と思った。筋書きの写真をみても「やっぱり女性?」。でもググって見ると「女性にしか見えない」とあり、やはり女形なのである。
[PR]
by k_nakae | 2004-09-04 23:53 | 映画 演劇


未来世紀ブラジル

未来世紀ブラジル みんなのレビュー
昨日BSFUJIで放映。途中から見ていて語るのもなんなのだが…
ハッキリ言って訳分からんなのだが、一つ一つのシーンが暗喩か諷刺、またはギャグであると思われる。謎解きができればいろんな意味が読み取れるのだろうが、いまは「なんかすごいらしい」という感覚しか私にはない。
[PR]
by k_nakae | 2004-08-17 21:48 | 映画 演劇

    

音楽、映画、スポーツなど、演じるものと観客の共感をテーマにコメント。
by k_nakae
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ブックマーク
ブログランキング・にほんブログ村へ
DELL パソコン
最新のトラックバック
nnzLSrzkいいです..
from nnzLSrzk大乱交スマッ..
LCV4NhfWいやマヂ..
from LCV4NhfWくれくれ厨
萌え萌え★相見桃香・メロ..
from 萌え萌え★相見桃香・メロン記..
YjLZYFZPディープ..
from YjLZYFZPハメ次郎
qAVXy759俺の女神様w
from qAVXy759不死鳥
チア リーディングマニア..
from チア リーディング調査隊
萌え萌え∞彩月貴央・加藤..
from 萌え萌え∞彩月貴央・加藤美月..
YAAo8Z7L助かりま..
from YAAo8Z7L猫背
'`,、('∀`) '`,、
from ネトゲ厨
助かった。。
from 借¥地獄から脱出
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧