drrss


カテゴリ:音楽( 49 )



トルネード竜巻 ニューシングル『言葉のすきま』

トルネード竜巻
ニューシングル『言葉のすきま』2005年8月24日(水)リリース!
名嘉さんの声がますます色っぽくなっており、そんな声で「せつないのと痛いのの間をちゃんと言おう」なんて歌われてはこっちがキュンとなってしまう。
beyond the cloudさん
[PR]
by k_nakae | 2005-08-25 00:38 | 音楽


fra-foa解散

fra-foa解散を発表。
むしろ遅すぎたとも言える解散の正式発表がホームページ上で5月13日ごろあった模様。5月14日のライブが最後のライブとなった。
ヴォーカル三上ちさ子の結婚前と結婚後で全く世界観が変わってしまったバンドである。結婚前の前期は内省的な歌詞が特徴的であったが、結婚後の後期は自身の恋愛が世界の全てになってしまい、急速に「ありふれた」内容になってしまった。
個人的には、私自身「彼等の音楽のファン」から「追っかけ」に変質し、果ては一方的疑似恋愛状態と言う、中学生じゃないんだからという状態にまで陥ってしまった、そういう対象である。行き過ぎてしまい、逆に醒めるのも急速だった気がする。
[PR]
by k_nakae | 2005-05-15 23:47 | 音楽


フジテレビfactory 収録 トルネード竜巻

フジテレビfactory 収録に参加しました。今回はトルネード竜巻が出演。
「恋にことば」ではなく「夜明けのDAWN」をやったり、いつもながらライブ用にアレンジをかえてみたり、面白いことをやってきます。「夜明けのDAWN」は最後に"DAWN!" と叫ぶところ、最高に『かっこわるい』と思うんだよね。
名嘉さんは肩から胸にかけて大きく空いた衣装で、かわいらしかったです。
テレビでの放送はフジテレビ721で5/21 23:00〜25:00、その後地上波で29日午前3:20〜4:20で行われるそうですので、おたのしみに。
[PR]
by k_nakae | 2005-05-15 13:32 | 音楽


spangle call lilli line "Trace"感想

かなさんの「多重コーラス」が今回のアルバムでは多用されているが、もともと単音でも不規則な揺らぎのある音程が多声となって重なることで、もはや複雑系の領域に達している。だれも予測できない化学反応のようなものだ。
チョコレイト中毒
[PR]
by k_nakae | 2005-05-01 10:59 | 音楽


ALI PROJECT、ニューアルバム!!

ALI PROJECT、ニューアルバム!!
「『Dilettante(ディレッタント)』が、6月22日にリリースされます。」

ALI PROJECT
はファーストアルバム「幻想庭園」においてすでに完成されているという印象がある。歌詞を詩のレベルで書く、というのは大変なことだが、これが実現したのは彼女の「文学少女時代の書きためたもの」を歌詞にしたから、と聞いたことがある。
もちろん今も応援しています。
[PR]
by k_nakae | 2005-04-23 14:53 | 音楽


spangle call lilli line "Trace"

spangle call lilli line "Trace"
4月20日発売のニューアルバム。
Spangle Call Lilli Lineは意味不明だが不思議な歌詞と「音響派」の影響の感じられるサウンドを特徴としている。でもほんとはヴォーカルの「かな」さんの声質が一番のウリだと思う。高周波成分を多量に含みつつ、不安定にゆれる音程は、癒し効果大。
久しぶりのニューアルバムに期待したい。
felicityここで試聴できます。
[PR]
by k_nakae | 2005-04-13 23:02 | 音楽


復刻創世記

復刻創世記
四年ぶりのライブ。もはや一つの藝に達している、Genesisトリビュートバンド。
「カバーをする」場合は、曲の骨格はそのまま使うにしても、アドリブ、メロディーの歌い方、楽器の音色など、自由に自分なりの解釈でやってしまうのだが、彼等のスタンスはいわゆる「完全コピー」で、ドラムはフィルインまでもレコードとおなじになる。楽器を同一機種にするところに彼等のこだわりが見て取れる。
あとおもしろかったところ。
普通はメンバー紹介をするところで、機材を紹介してしまうところ。
ライブが終わってからのSEに、Seconds Outと同じ「ショーほどすてきな商売はない」をかけてしまうところ。
お子さんがいらしていたのだが、轟音から耳を守るためノイズキャンセリングヘッドホンを掛けていたところ。
[PR]
by k_nakae | 2005-03-22 00:54 | 音楽


"Quatuor pour la Fin du Temps" 時の終わりのための四重奏曲

オリヴィエ・メシアンに注ぐまなざしオリヴィエ・メシアンの日本のファンサイト(?)
今朝がた
"Quatuor pour la Fin du Temps" 時の終わりのための四重奏曲
の第八楽章
"VIII. Louange à l'Immortalité de Jésus" VIII. イエスの不死性への讃美
を聞いていて思ったこと。この曲は約8分にわたってVnが演奏しているが、ずっと休符がないように聞こえる。「イエスの不死」すなわち永続性を、休符のない音の連続であらわしている、と思ったら妙に納得してしまった。イエスは死後よみがえったことで死を克服し、永続性を得た、というのがキリスト教の考え方だったと思います。
[PR]
by k_nakae | 2005-03-13 11:52 | 音楽


YAMAHAのartida

銀座ヤマハ前。
昨日BSJapanでストラディバリウスの番組をやっていて、最後の15分ぐらい見た。そこでYAMAHAのartidaの製作過程をやっていました。
ストラディバリウスの3次元測定を行い、NC(数値制御)マシンによる削り出し、木工職人による仕上げ、半導体工場ではよく使われるクリーンエア内でのニス塗り、四季の変化をシミュレートしたチェンバー内での強制的な「シーズニング」、等等、日本の製造業お得意な部分を総動員した作り方だなあ、と思ってみておりました。
でも別の場所で聞いた話なんだけど、ストラディバリウスは一台ごと細かく大きさを測定していくと結構ぶれが大きくて、「これぞストラディバリウス型」というものがはっきりしない、とのこと。私は、そのぶれも木材の状態にあわせたとか、何らかの理由があったのではないか、と思っている。
楽器製作を工学(例えて言えば条件を同一にすれば同一の結果が得られる、という立場)ととらえるか、藝術ととらえるか(それこそ職人の気分も影響するので同一のものの再現は不可能、という立場)の考え方が違うような気がした。
[PR]
by k_nakae | 2004-12-05 11:23 | 音楽


barksの三上ちさ子特集

barksの三上ちさ子特集
コピーは「エントロピーを増大させる悪魔と天使の声の持ち主」

温度T、熱量Qのとき、
S=∫1/T dQ
Sがエントロピーである、と大学で習った。不可逆過程において増大するものと言う。

いや、ここではその本来の意味ではなく、比喩的な意味なのだが、では実際どう言うことなのかと言うと説明はしにくい。それでも何となく言いたいことは分かると言う点で、このコピーはなかなかいいところを突いていると思う。
[PR]
by k_nakae | 2004-11-13 23:54 | 音楽

    

音楽、映画、スポーツなど、演じるものと観客の共感をテーマにコメント。
by k_nakae
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
ブックマーク
ブログランキング・にほんブログ村へ
DELL パソコン
最新のトラックバック
nnzLSrzkいいです..
from nnzLSrzk大乱交スマッ..
LCV4NhfWいやマヂ..
from LCV4NhfWくれくれ厨
萌え萌え★相見桃香・メロ..
from 萌え萌え★相見桃香・メロン記..
YjLZYFZPディープ..
from YjLZYFZPハメ次郎
qAVXy759俺の女神様w
from qAVXy759不死鳥
チア リーディングマニア..
from チア リーディング調査隊
萌え萌え∞彩月貴央・加藤..
from 萌え萌え∞彩月貴央・加藤美月..
YAAo8Z7L助かりま..
from YAAo8Z7L猫背
'`,、('∀`) '`,、
from ネトゲ厨
助かった。。
from 借¥地獄から脱出
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧